紀元前210年、秦の始皇帝が巡行中に突然崩御する。宦官の趙高は詔書を偽造して長子の扶蘇を殺害し、末子の胡亥に皇帝の位を継がせる。二世皇帝となった胡亥は皇族を殺し、始皇帝の治世を支えた重臣を粛清。朝廷を混乱に陥れ、始皇帝陵や阿房宮の完成を急がせた。その圧政に耐えきれなくなった民衆は次々に蜂起する。
 秦に滅ぼされた楚国の将軍の孫である24歳の項羽と、沛県の田舎町で亭長を務める46歳の劉邦も立ちあがった。勇敢で戦に長けた項羽は、叔父の項梁が死んだ後、楚軍の実質的な指揮権を握る。項羽は困難や危険をものともせず自ら先頭に立ち、鉅鹿で少数の手勢で秦軍を破り、名将・章邯を降伏させ、それによって秦に重い一撃を与えた。
 対する劉邦は、長い間庶民として生きてきたため、民情をよく理解し人を使うことに長けており、やがて広く人々の支持を得て勢力を大きくしていった。項羽と劉邦の二人は協力し助け合い、戦いの中で義兄弟の契りを結び、力を合わせて秦を倒す。
 しかし秦が倒れると、二人は天下を奪い合う手強いライバルへと変わっていくのだった……。

チャンネル銀河を観るならスカパー!

エピソード一覧・放送スケジュール

『項羽と劉邦』c中国国際電視総公司 『中国大河「三国志」』(C)中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司 『中国歴史ドラマ 曹操』提供:染野企業電影工作室(C)電広伝媒文化発展有限公司 『中国大河ドラマ 三国演義』(C)1996 CCTV 中国中央電視台 『中国歴史ドラマ「孫子兵法」』(C)HUAYI BROTHERS MEDIA CORPORATION 『大秦帝国 縦横 =強国への道=』(C)China International TV Corporation 『中国ドラマ「水滸伝」』(C)2012 水滸伝

ページの先頭へ戻る