中国版「トンイ」と称され、中国・台湾を一斉風靡!心は清く、志は強く・・・。嫉妬、企み、罠、数々の困難を自らの才覚で乗り越えた一人の女性は、やがて賢后と呼ばれるようになった。

賢后 衛子夫

衛子夫(えいしふ)とは

衛子夫(- 紀元前91年)は前漢の武帝の皇后。
“賢后”と称賛された。現代でも数多くの言葉が残っており、その中でも彼女の主義を表現した「不争、不顯、不露、心善志堅」(争わず、感情を表に出さず、才能をひけらかさず。心は善良で志は固く)という言葉は良く知られ、劇中にも登場する。

物語

幼い頃、一命を取りとめた衛子夫。幼馴染の段宏とはその頃、離れ離れになってしまった。大人になり、弟の衛青と共に皇帝の姉の屋敷に使えている衛子夫。ある日、宴会の席で、皇帝は歌い舞う、衛子夫の姿に目を奪われ、ひと目惚れしてしまう。世継ぎが生まれない皇帝は姉の勧めもあり、衛子夫と弟の衛青を自らの住まいに招き入れる。そして、衛子夫は今でも彼女を想い続ける幼馴染の段宏とも再会する。しかし、宮中ではやりたい放題の皇后らによる、衛子夫を第2夫人にさせまいとする執拗な嫌がらせが始まる。衛子夫はそうした虐めにもひたすらに耐えていくが・・・。

韓国・中国歴史ドラマ特集

チャンネル銀河を観るならスカパー!

エピソード一覧・放送スケジュール

『賢后 衛子夫』(C)Huace Media International Limited 『イ・サン』(C)2007-8 MBC 『トンイ』(C)2010 MBC 『宮廷女官チャングムの誓い』(C)2003-4 MBC 『ファン・ジニ』©KBS, Photo Licensed by KBS/KYN 『太陽を抱く月』(c) 2012 MBC

ページの先頭へ戻る