松山ケンイチ主演!歴史好きの中ではNo.1大河との呼び声も高い隠れた名作!

大河ドラマ「平清盛」

平清盛の魅力を語ろう!Twitterキャンペーン実施中!

大河ドラマ「平清盛」をスカパー!で観るには

© NHK

武士が貴族の番犬でしかなかった時代。実力で日本の覇者に上り詰めた奇跡の男・平清盛。今まで天下の大悪人として描かれてきた平清盛を、先見的で躍動感あふれる男として壮大なスケールで描く。脚本はNHK木曜時代劇「ちかえもん」が話題となった藤本有紀。Twitterトレンド 2012年テレビドラマ部門で第1位となるなど、"ソーシャル大河”と呼ばれSNSを中心に熱狂的なファンを獲得した作品。全50話。

元永元年(1118年)、京都。貴族の世は乱れ、武家である平氏の嫡男、忠盛(中井貴一)も朝廷に命じられるまま盗賊の捕縛などをしていた。ある日、忠盛は貧しい身なりの女性と出会う。舞子(吹石一恵)というその女性はかつて御所に出入りしていた白拍子で、時の最高権力者、白河法皇(伊東四朗)の子を身ごもっていた。忠盛はお腹の子を殺されることを恐れ逃げてきた舞子をかくまう。忠盛の家の納屋で、舞子は出産。その赤ん坊こそが、後に平家の棟梁となる平清盛(松山ケンイチ)であった。

大河ドラマ「平清盛」を観るならスカパー!0円キャンペーン
平清盛の面白きことを教えてやろう Twitterキャンペーン
チャンネル銀河とは?

関連ニュース&コラム

エピソード一覧・放送スケジュール

「大河ドラマ「平清盛」」© NHK

ページの先頭へ戻る