大河ドラマ「平清盛」

© NHK

人物紹介

平清盛

平清盛:松山ケンイチ

海に生き、海に栄え、海に沈んだ、巨大な平家一門を築きあげた男。平家の棟梁・平忠盛の嫡子として育つが、実は白河院の落胤。その出自ゆえ、少年期は葛藤を繰り返し、無頼の行き方を余儀なくされる。それを乗り越えて平家の棟梁を継ぐと、保元の乱で後白河の信頼を得て、平治の乱で源氏を破り、武士として初めて正三位(公卿)となり、太政大臣にまでのぼりつめる。海賊や宋の商人らと深く関わったことから、やがて福原に都を遷して日宋貿易による交易国家を作ることを計画。それを実現するために奔走するが、その専横な振る舞いに、清盛に対抗する勢力が生まれる。

平忠盛

平忠盛:中井貴一

平家一門の棟梁として、平氏政権の礎を作る。清盛を引き取り、平家の後継者として育てた。どんなことがあっても清盛を信じ、強く厳しく、そして温かく清盛を見守る。武士が差別される貴族社会で、海賊討伐や日宋貿易などで平家の力を高め、武士が治める世を作ろうと野心を抱くようになる。しかし、その志半ばで病死してしまう。

平忠正

平忠正:豊原功補

兄・忠盛の出世を支え、平家を繁栄させるために尽力する。その一方で、平家と血縁のない清盛を跡取りとして育てることに反対し、正室の子である家盛が後継者だと主張。家盛と忠盛が病死すると、平家の棟梁となった清盛と対立を深める。保元の乱では、清盛と対立する崇徳天皇側につき、平家分裂を引き起こす。

時子

時子:深田恭子

王朝文学に憧れ、光源氏の出現を待つ夢見がちな女子だったが、周囲から半ば押し付けられて、粗暴な清盛と結婚することになってしまう。しかし、清盛の生い立ちや高い志を知ると、彼こそが理想の夫だと気付き、清盛と平家一門を支え続ける。頼朝亡き後は、一族のために立ち上がり、頼朝との決戦を覚悟して壇ノ浦へと向かう。

平盛国

平盛国:上川隆也

元は漁師の子だったが、白河法王の殺生禁断令で父親を亡くすと、忠盛の計らいで平家一門の養子となり、清盛の側近となる。冷静沈着に物事を判断し、暴走しがちな清盛を抑える兄のような存在。

源義朝

源義朝:玉木宏

清盛の親友であり、生涯のライバル。貴族に蔑まれ、名を上げられない父・為義を見て育ち、武士の存在意義に疑問を抱く。しかし、清盛と出会うと、武士に可能性を感じるようになり、やがて朝廷に武士の力を思い知らせることを目指す。京で勢力を拡大する平家に対し、義朝は源氏の本拠地である関東に下向して勢力を盛り返すが、平治の乱で清盛と武士の棟梁の座をかけて戦い、敗北する。

常盤御前

常盤御前:武井咲

清盛と義朝、2人の男から愛された悲運の女性。庶民の生まれでありながら、16歳の時にその美貌から義朝に見初められて側室となり、のちに義経となる牛若をはじめ、3人の男子を生む。しかし、平治の乱が起こり、義朝は敗死。幼い子供達を抱えて雪道をさまよう中、平家に命を救われ、清盛に請われて妾となる。

源頼朝

源頼朝:岡田将生

壇ノ浦で平家を滅ぼした張本人だが、歓喜する兵を見て、清盛に本当に勝ったのだろうかと、頼朝は自問する。父・義朝を倒しながら、なぜか自分の命を救い、罪人として伊豆に流した清盛に、憎しみを抱きながらも、その偉大さを眩しく感じていた。そんな清盛を倒すという頼朝の夢が実現し、この国の頂点に立つ時に、頼朝は改めて清盛の偉大さに気づく。

北条政子

北条政子:杏

「源氏こそ武士の棟梁」と、頼朝を奮起させた情熱の女。伊豆に流されていた頼朝の監視役だった父・北条時政の留守中に、義朝と恋仲になり、父の反対を押し切って、駆け落ちして2人だけで祝言をあげる。平家軍に味方する父を説き伏せ、頼朝挙兵を後援し、源氏再興を実現させた。 

後白河天皇

後白河天皇:松田翔太

鳥羽上皇と璋子の第4皇子として生まれ、皇位継承とは無縁な立場だったことから、少年期は遊興に明け暮れ、今様に狂い、気ままに過ごす。時に常軌を逸した言動をとり、うつけものでわがままな皇子と扱われていた。しかし、異母弟の近衛帝の急死により、29歳で即位。人生は誰が勝ち上がるかわからないことを知ると、最強の王になることを夢見て、やがて清盛の前に立ちはだかる。その治政は戦乱が相次ぎ、幾度となく幽閉に追い込まれるが、そのたびに復権を果たす。

白河法皇

白河法皇:伊東四朗

堀河・鳥羽・崇徳天皇の3代にわたり院政を行い、世の頂点に君臨。「鴨川の水・双六の賽・山法師」以外はすべて意のままと豪語し、禍の種をばらまく。鳥羽の息子である崇徳は、白河が鳥羽妃の璋子と密通して生まれた子。そして白河の落胤である清盛は、この白河の血を引くことに悩みながら生きて行く。

鳥羽上皇

鳥羽上皇:三上博史

祖父・白河法皇に養育され、5歳で即位するが、実際に世を収めたのは白河で、形式上の帝でしかなかった。白河亡き後に院政を敷き、崇徳・近衛・後白河の3代28年にわたって実権を掌握。白河が亡くなって後ろ盾を失った中宮・璋子に代わり、得子を寵愛するようになると、得子に動かされ崇徳を疎んじる。鳥羽崩御の直後に、崇徳と後白河が争う保元の乱が勃発。大きな火種を残す原因を作った。

崇徳上皇

崇徳天皇:井浦新

系図上の父は鳥羽上皇で、第1皇子だが、実は白河が璋子と密通して生まれた子。白河院が世を治めていた時、崇徳は5歳で帝となるが、白河が死ぬと、鳥羽に「叔父子」と呼ばれて忌み嫌われ、強引に帝位から退けられるなど、孤独に追いやられる。鳥羽の死後、謀反の疑いをかけられると、藤原頼長とともに保元の乱を引き起こす。

信西

信西:阿部サダヲ

日宋貿易や国家構想において清盛が師と仰ぐ知識人。当世無双の学者という評判から、鳥羽院の信用も厚かったが、中流貴族の出身ゆえに出世が見込めずに、出家して信西と名乗る。清盛や美福門院と結びついて、理想の政治を実現しようとするが、早急な改革が貴族や武士の反感を買う。鳥羽の第4皇子・雅仁の乳父であり、雅仁が即位して後白河帝となるにあたり、信西の策動があったと言われている。

藤原忠実

藤原忠実:國村隼

藤原道長を先祖にもつ藤原摂関家の長。貴族の頂点に君臨する。白河院政では風下に立ち、摂関家の栄華を取り戻すという夢を生涯かけて追及する。鳥羽院政が始まると、政界に復帰を果たす。しかし、長男の忠通よりも次男の頼長に目をかけたことで、やがて摂関家の分裂を招き、保元の乱を引き起こす。

藤原頼長

藤原頼長:山本耕史

藤原摂関家の次男として生まれるが、学識の高いその能力を見込まれ、兄の忠通を押さえて貴族のトップに立つ。貴族政治の巻き返しを画策し、勢力を拡大しようとする武士の前に立ちはだかる。保元の乱では崇徳天皇と手を結び、清盛・義朝と戦う。妥協を許さない潔癖症で、男色家。

藤原忠通

藤原忠通:堀部圭亮

関白を父の忠実から引き継ぎ、氏の長者となるが、白河院の死後に父と対立を深め、藤原摂関家の後継者は才気あふれる弟の頼長が指名されてしまう。頼長を失脚させようとするこの男の動きが、やがて貴族社会を崩壊させることになる。

大河ドラマ「平清盛」を観るならスカパー!0円キャンペーン
平清盛の面白きことを教えてやろう Twitterキャンペーン
チャンネル銀河とは?

「大河ドラマ「平清盛」」© NHK

ページの先頭へ戻る