秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~

© 2016 China International TV Corporation. All Rights Reserved

「秀麗伝」の時代背景

秦滅亡後の楚漢戦争に勝利した劉邦(りゅうほう)は、漢王朝(=前漢)を建国。7代皇帝・武帝(ぶてい)の時代に前漢は最盛期を迎えたが、14代孺子嬰(じゅしえい)が重臣の王莽(おうもう)によって帝位を簒奪(さんだつ)され、滅亡してしまう。その後、王莽が新王朝を建国するも、暴政から国内は混乱。各地で反乱が起こる中、劉秀ら反乱軍の勝利により、新は一代限りで滅亡。劉秀は光武帝として即位し、後漢を建国する。

中国歴史ドラマ年表
年表

光武帝~三国志の曹操も憧れた後漢の開祖~

三国時代を遡ること約200年前、後漢の開祖として多くの伝説を残した名君。本名は劉秀、字は文叔。中国史上、滅亡した王朝の復興を成し遂げた唯一の皇帝であり、三国志の曹操を始め、中国史に名を刻んだ英雄たちも彼の偉業を称えている。「漢委奴国王」の金印を倭(日本)の奴国の使節に与えた皇帝とされており、日本との繋がりもある人物。
[在位:西暦25年~57年]

光武帝
光武帝伝説その1 3000vs100万の戦力差で勝利した桁外れの武勇

王莽の新朝軍と反乱軍がぶつかった「昆陽の戦い」。新朝軍100万の大軍勢を相手に、劉秀は3000人程度のわずかな手勢で中央突破し、これを打ち破った。戦では常に陣頭指揮をとり、皇帝に即位後も自ら敵中に斬り込んで戦うなど、数多くの武勇を残している。

光武帝伝説その2 史上初の功績をいくつも残した手腕

滅亡した王朝の再興を史上初めて成し遂げた光武帝は、その他にも史上初の功績をいくつも残している。戦においては、中国で初めて大規模な騎馬突撃戦法を採用。また、光武帝の治めた時代は、近代中国になるまで最も識字率の高い時代と言われ、初めて世論が生まれ、民間からの意思表示が行われた。建国後の治世も滞りなく進み、さらには後継者問題も発生しなかったことから、歴史上唯一の建国・治世・継承に成功した皇帝とされている。

光武帝伝説その3 一人の女性を想い続けた一途な皇帝

「仕官するなら執金吾、妻を娶らば陰麗華」と将来の希望を語っていた劉秀。陰麗華を正室に迎え入れたいという想いがありながらも、河北平定のための政略結婚として河北の真定王・劉楊の姪である郭聖通を正妻として迎え入れる。劉楊とその軍勢10万を味方に着けた劉秀は、中国統一を達成して光武帝として即位。陰麗華を側室として迎え入れると、後に正式に皇后とした。「妻を娶らば陰麗華」という劉秀の若い頃からの夢は、皇帝と皇后という形でついに叶ったのである。

※執金吾・・・都の警備を担当する長官。当時憧れる者が多かった。

陰麗華 ~中国史上最も優れた皇后と称えられた絶世の美女~

南陽郡の豪族の娘として誕生し、幼少期から劉秀(後の光武帝 )と共に育った。「妻を娶らば陰麗華」と若い劉秀が語るほど、地元では評判の美女であった。18歳で光武帝に嫁いだが、正室である郭聖通が先に男子を生んでいたことを理由に皇后の座を譲り、側室として20年を過ごす。その後、郭聖通が皇后を廃されると、皇后に立てられ光烈皇后となる。皇后になった後も、質素な生活を続け、さらには己の一族に政治関与をさせないことで外戚による政治の乱れを未然に防ぎ、後漢初期の政治の安定に貢献。中国史上、最も優れた皇后の一人と後世に伝えられている。

陰麗華
秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~を観るならスカパー!0円キャンペーン
韓国・中国歴史ドラマ特集
チャンネル銀河とは? 秀麗伝 DVD公式サイト

「秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~」© 2016 China International TV Corporation. All Rights Reserved

ページの先頭へ戻る