2017/07/13

【インタビュー】最新ファンミーティングを独占放送!パク・シフのスペシャルインタビュー公開中!


「王女の男」「清潭洞<チョンダムドン>アリス」「名もなき英雄<ヒーロー>」など、数々の話題作でアジアを中心に人気を博している韓流スターパク・シフ。チャンネル銀河では、福岡・大阪・東京で開催された彼の最新ファンミーティング「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」の模様を独占放送!これを記念して、パク・シフのスペシャルインタビューをお届けします。



ファンの皆さんがいなければ、今の僕はありません


― 今回のファンミーティングは非常に趣向を凝らした内容だと思いますが、どのような気持ちで企画されたのでしょうか?

今回のイベントは、僕にとって特別なものでした。一般的なファンミーティングとは違う、「ドラマ・フェス」という企画も新鮮でしたし、僕の出演するドラマが放送されている地域へ赴いてプロモーションを行い、直接ファンの皆さんとお会いできたのも良かったです。そのため個人的にもすごく期待していましたし、ドキドキな気持ちも抑えられず、いろいろな構成の部分にも参加しました。

― 「ドラマ・フェス」ということで、それぞれの公演で出演作品の役柄になりきって登場されていましたね。今まで演じてこられた役の中で一番印象深いキャラクター、あるいはセリフを挙げるとすれば?

今回の作品の中では唯一の時代劇ということもあり、やはり「王女の男」が印象に深く残っています。今回の演出のために特別に練習し、ケガをしてしまうというハプニングもありましたが…。一つだけエピソードを挙げるとすれば、本来剣術の練習の際は木刀や竹刀を使うのですが、ソウルでの特訓の際、諸事情から傘を代用して練習していたんです。そのため傘の柄の部分で手を切ってしまい、病院で手当てを受ける事態にまで発展してしまいました。残念なのは、本来ならばもっと練習できたはずなのに、治療中は何もできなかったことが悔やまれます。それにイベント当日、実は本物に近い重みのある剣を準備してくださっていたんです。でも、ドラマの現場でもそういった剣は使わないし、重くてとても大変だったんです。それで急きょ竹刀を用意してもらったのですが、そのために東京公演のリハーサル時間が長引き、ファンの皆さんにご挨拶をするのが遅れてしまいました。その時、ファンの皆さんに伝えたい「王女の男」の名セリフが頭をよぎりました。
「わざと遅れたのさ。そのほうが会えた喜びが増すだろう?」





― 今までのファンミーティングでもそうですが、とてもファンの皆さんを大切にされているシフさんの思いが伝わってきます。そんな大切なファンの皆さんと一緒に何かするとしたら、どんなことをしてみたいですか?

はい、本当にファンの皆さんは僕にとって大切な存在です。ファンの皆さんがいなければ、今の僕はありませんから。僕が一番大切にしていることは、ファンの皆さんと心から通じ合おうと努力することです。だからインタビューなどでも、事前に合わせたりしないで、質問内容もわざと予め見ないようにしています。事前に“答え”を準備するのではなく、その時々で自分の真実の答えを出し皆さんにお届けしたいと思っています。僕がファンの皆さんにできることと言えば、そういった方法を通して、少しでも皆さんとの距離を縮めることだと思いますし、ありのままの僕をお見せしたいと思っています。

― ドラマだけではなく、映画、そして音楽の分野でも活躍されていますが、どのような活動が一番楽しいですか?

全部楽しいです! 歌も…、上手ではないのですがファンの皆さんが楽しんでくれているみたいなので、僕も楽しいです。ただ、やはり俳優としては演技をしたいですし、映画をまたやってみたいですね。最近、映画『殺人の告白』が日本でリメイクされて公開中だと聞きました。(※『22年目の告白 -私が殺人犯です-』)ぜひ日本に行って観てみたいですね。劇場に足を運んで…(笑)。えっ?日本語だからわからないだろうって? 日本語が上手な人を誘って、観に行きたいです。

― 日本で行ってみたい場所といえば? またはこれまでに行ったところで印象深い場所は?

大阪公演が終わった後、少し時間があったので1泊2日で有馬温泉に行き、充電してきました。これまで日本各地の温泉を巡ってきましたが、(有馬は)僕のベスト3に入るくらい、本当に気に入りました。とても素敵なところだったので、幸せなヒーリングタイムを過ごすことができました。

― 最後に次回作についてもお聞かせください。

久しぶりに地上波の週末ドラマを通して皆さんにご挨拶することになり、とても嬉しく思っています。「黄金色の私の人生(仮題)」という作品は、僕が尊敬する脚本家ソ・ヒョンギョン先生の作品なので、さらに感慨深いです。紆余曲折の果てに幸せを求め、その意味について考えるドラマになると思います。7月末からは本格的に撮影に入ります。ファンの皆さんが期待するラブストーリー的な部分も含まれている作品です。皆さんの印象に残る、素敵な胸キュンシーンなどもお見せしたいですね。ご期待ください。これから一生懸命準備したいと思います。


★「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」特設サイト
  https://www.ch-ginga.jp/feature/parksihoo/

ページの先頭へ戻る