王女未央-BIOU-

©Croton Entertainment All Rights Reserved.

見どころ

主人公 李未央とは・・・

主人公の李未央(馮心児)のモデルとなったのは、北魏の文成文明皇后(馮太后)。父・馮朗の家系は五胡十六国時代から南北朝時代初期にかけて遼東を支配した北燕の皇族であったが、この北燕は北魏により滅ぼされ、馮朗は北魏に降って重用されていた。しかし馮朗は罪を問われて誅殺され、身寄りをなくした幼い馮太后は、北魏の太武帝の左昭儀(後宮における称号で皇后に次ぐ地位)だった叔母の馮氏に従って後宮入りした。その後、太武帝の孫、第5代皇帝・文成帝の皇后となった。

2016年大ヒット歴史ドラマ!衝撃の再生回数230億回!

動画再生回数が230億回を超え、2016年大ヒット歴史ドラマとなった本作。
主演のティファニー・タンは、「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」で中国国内にて「現代テレビドラマ部門 最優秀女優賞」を受賞した注目の美人女優。本作では、復讐に身を投じていく亡国の王女を熱演し、話題を呼んだ。彼女に強く惹かれていく2人の皇子を、「三国志~Three Kingdoms~」ルオ・ジン、「流星花園〜花より男子〜」でブレイクし、その後も俳優、そしてアーティストとしてアジア全土で活躍するヴァネス・ウーが演じる。今までスタイリッシュなイメージが強かったヴァネス・ウーは、本作で歴史ドラマと悪役に初挑戦し、新たな一面を魅せた。

家族と名前を奪われた王女!ヒロインの勇知が導く、手に汗握る復讐劇!

尚書府の陰謀により、家族を皆殺しにされた馮心児。命からがら逃げ延びた自分を助けてくれた李未央までも殺され、その全ての黒幕が尚書府であることを知った心児は、李未央に成りすまし、尚書府に入り込むことを決意する。そこで待っていたのは、尚書府夫人の叱雲柔や夫人の娘・李長楽からの陰湿ないびり、そして義兄の李敏峰や従弟の叱雲南らから命を狙われ続ける日々だった。
家族を奪われ、そして自身の名前をも奪われた馮心児が、命の恩人の名前「李未央」を名乗り、敵国に入り込み仇討ちをしていく。彼女の勇気と知恵で、敵を追い詰めていく展開は手に汗握ること間違いなし!

運命の歯車に巻き込まれていく3人の愛の行方は・・・!?

2人の皇子拓跋濬拓跋余との三角関係も見逃せない。拓跋濬は、明るく無欲な性格。未央の命を何度となく助け、彼女に運命を感じる。反対に、拓跋余は腹黒く残酷な性格。復讐のために尚書府に乗り込んだ未央を利用しようと思っていたが、一緒に過ごしていく中で、勇敢で聡明な彼女に惹きつけられていく。未央だけに弱さをみせる一面も。果たして、未央が選ぶのは……?

中国歴史ドラマ年表

王女未央-BIOU-を観るならスカパー!今なら加入料0円キャンペーン実施中!
韓国・中国歴史ドラマ特集
チャンネル銀河とは?

「王女未央-BIOU-」©Croton Entertainment All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る