王女未央-BIOU-

©Croton Entertainment All Rights Reserved.

あらすじ

  • 第1話〜第25話
  • 第26話〜第54話

第1話:鳳凰の宿命

三日にわたる吹雪が止み、涼(りょう)の国に王女が誕生する。その鳳凰の目をもつ王女・馮心児(ふうしんじ)は炎に焼かれても生まれ変わる宿命をもっていた。時は魏が勢力を伸ばす南北朝時代。涼王は民を守るため魏に帰順し平城に軟禁され、馮心児は父に会えないまま育った。そして、ようやく彼女が帰郷した父と対面した日、大きな悲劇が起こる…。

第2話:復讐を誓って

父と祖母を殺され、涼(りょう)の王族の血を残すため一人で生き延びる道を選ぶしかなかった馮心児(ふうしんじ)。彼女は行き倒れたところを優しい村の娘・李未央(りびおう)に救われる。実は李未央は尚書・李蕭然(りしょうぜん)の娘。母親が身分の低い侍女だったため村で不遇の生活を送っていたが、近々李家に戻れることになっていた。だが、李未央は突然刺客に襲われて…。

第3話:仮面の生活

馮心児(ふうしんじ)は仇である李敏峰(りびんほう)に復讐するため、彼の腹違いの妹・李未央(りびおう)になりすまして李家に入り込む。叱雲柔(しつうんじゅう)が取り仕切る李家はその娘・李長楽(りちょうらく)が我が物顔で振る舞い、そのいとこである李常茹(りじょうじょ)と李常喜(りじょうき)の姉妹が彼女の引き立て役となっていた。ところが、祖母の誕生祝いの宴では李未央が李長楽をしのぐ出し物で皆を驚かせて…。

第4話:最初の試練

叱雲柔(しつうんじゅう)は李長楽(りちょうらく)の地位を脅かす李未央(りびおう)に巧妙な罠を仕掛ける。道士に屋敷で起こる災いはすべて李未央のせいだと言わせ、彼女を殺そうと考えたのだ。しかし、李未央は祖母の命乞いで一命を取り留める。それから1ヶ月。別荘に送られた彼女は養生を続けるも傷口がふさがらず、ついには瀕死の状態で狼のいる山に捨てられるが…。

第5話:運命の再会

李未央(りびおう)は刺客から逃げてきた男に救われ解毒治療を受けて回復に向かう。彼女を救ったのはかつて燃え盛る火の中から彼女を助け出した拓跋濬(たくばつしゅん)だった。李未央は命の恩人との再会を喜び、拓跋濬に惹かれていく。しかし、ある朝目覚めると彼はすでに去った後だった。そして、彼女の手元には彼が置いていった扇子だけが残される…。

第6話:李家への帰還

李家の屋敷に堂々と戻ることができた李未央(りびおう)は、祖母と母・七姨娘(しちいじょう)が元気でいるのを見て安心する。また、池に落ちて顔に傷ができた李常喜(りじょうき)は李未央を逆恨みしていたが、李常茹(りじょうじょ)は彼女を優しく迎えてくれる。一方その頃、拓跋濬(たくばつしゅん)は李未央が置き手紙を読んでいないことを知らずに、待ち合わせの場所でずっと彼女を待ち続けていた…。

第7話:許されない恋心

太子妃がお妃選びのために宴を開催し、李未央(りびおう)は李長楽(りちょうらく)、李常茹(りじょうじょ)とともに宮中に参内する。そこで琴の音に誘われて拓跋濬(たくばつしゅん)と再会した李未央。彼女は彼が敵である魏の太武帝の孫・高陽(こうよう)王だと知って衝撃を受け、親しげに振舞う拓跋濬に冷たい態度を取るのだった。一方、幼い頃から拓跋濬を慕う李長楽はそんな二人の様子を見て…。

第8話:忠誠と裏切り

李敏峰(りびんほう)が涼(りょう)の王女の肖像画を取り寄せたことを知って、自分の正体がばれるのではないかと焦った李未央(りびおう)。彼女は李敏峰の部屋に忍び込み、そこで涼を出て以来、生き別れになっていた護衛の君桃(くんとう)と思いがけない再会を果たす。そして、李敏峰に追われる君桃を自分の部屋にかくまうが、侍女・紫煙(しえん)はひそかに李未央を裏切っていて…。

第9話:盗まれた策

李未央(りびおう)は君桃(くんとう)を探すため祈祷のふりをして清風観を訪れる。そして、こっそり村へ行ったところで、水害の視察に来ていた拓跋濬(たくばつしゅん)に出くわす。一方、突然、清風観に現れた李長楽(りちょうらく)は、李未央が自分に隠れて拓跋濬と逢いびきしたと思い込み怒りをつのらせる。そして、彼女は李未央が拓跋濬のために書いた水害の救済策を横取りすると…。

第10話:民を救うために

李長楽(りちょうらく)が李未央(りびおう)から盗んだ救済策は太武帝から称賛されるが、その策には問題があると気づいた李未央。彼女は李長楽を祝う宴で危険を冒してそのことを太子妃に直訴、そんな彼女に李常茹(りじょうじょ)が味方する。実際、李敏峰(りびんほう)が領地でその策を実施すると暴乱が発生し、太武帝は激怒。結果、李未央は自ら太武帝に解決策を訴える機会を得るが…。

第11話:逆転の勝利

太武帝の前で救済策を考えたのが李長楽(りちょうらく)ではなく自分であることを証明した李未央(りびおう)は、安平県主(あんへいけんしゅ)の称号を授けられ、母・七姨娘(しちいじょう)にも三品淑人の位が与えられる。そして、紫煙(しえん)がすべてを白状したことで李敏峰(りびんほう)と李長楽は罰を受けることになる。それに激怒した叱雲柔(しつんじゅう)は紫煙を殺そうとするが、彼女は李敏峰の子供を身ごもっていて…。

第12話:復讐の序章

紫煙(しえん)が李敏峰(りびんほう)のせいで非業の死を遂げたことで、李未央(りびおう)はついに復讐を決意。李未央を祝う宴が開かれ、李家に多くの人々が集まった晩、紫煙を死に追いやった李敏峰の悪事を明るみにする。結果、その噂が太武帝にまで届き、李敏峰は罪人として辺境に追放されることに。すると、護送されていく李敏峰の前にある人物が現れて…。

第13話:さらなる戦いへ

李敏峰(りびんほう)の死を嘆き悲しむ叱雲柔(しつうんじゅう)は李未央(りびおう)への復讐心を燃え上がらせる。同時に李未央の秘密を掴み、ある企みを秘めて一家で清風観へと出かける。そこで、李未央は君桃(くんとう)と再会。彼女が李敏峰を成敗したこと、涼(りょう)を滅ぼす謀略を企んだのは叱雲南(しつうんなん)に加えて叱雲柔であったことを知る。そんな中、李未央に会いたいという女性が現れて…。

第14話:真実より大切なもの

本物かどうか疑われた李未央(りびおう)が調べられることになり、偽者だとばれれば皇帝を欺いたかどで死罪になる危機が迫る。これが叱雲柔(しつうんじゅう)の陰謀だと気づいた李未央は彼女の裏をかこうとするが、死んだ李未央にそっくりな女性が現れたことで窮地に陥ってしまう。すると、どちらが本当の自分の娘なのか、七姨娘(しちいじょう)が皆の前で証言して…。

第15話:錯綜する想い

七姨娘(しちいじょう)に助けられた李未央(りびおう)は、彼女に本物の李未央がすでに亡くなったことを打ち明ける。そして、彼女を暗殺した黒幕は叱雲柔(しつうんじゅう)だと知らせる。その頃、李敏徳(りびんとく)は父の代理として真定へ出発。そんな彼を第八王子のふりをする皇女・拓跋迪(たくばつてき)が追いかけ、つきまとう。一方、李家では叱雲柔がしばしば体調不良を訴えるようになり…。

第16話:呪いと嫉妬

李未央(りびおう)の部屋から叱雲柔(しつうんじゅう)に呪いをかけた人形が見つかる。李蕭然(りしょうぜん)は叱雲柔の自作自演だと思うが、仮病ではない彼女の様子を見て李未央のことを疑い始める。結果、李未央は部屋に監禁され明日をも知れぬ身に。一方、李長楽(りちょうらく)は李未央から彼女が大切にしていた扇子を奪うと、昔の恋人のものだと思い込んでわざと拓跋濬(たくばつしゅん)に見せるが…。

第17話:愛の告白

李未央(りびおう)の異変に気付いた拓跋濬(たくばつしゅん)が李家に駆けつけ、殺されそうになっていた李未央をすんでのところで救う。そして、皆の前で扇子は自分のものだと明かす。その後、李未央と会った拓跋濬は彼女に真剣に愛を告白する。しかし、李未央の態度は相変わらず冷たく、突き放された彼は彼女の本心に気づくことなく心傷つくのだった…。

第18話:手放せない想い

拓跋濬(たくばつしゅん)に敵対心を燃やす東平(とうへい)王・拓跋翰(たくばつかん)が李長楽(りちょうらく)に会いにくる。そして、李長楽、李常喜(りじょうき)と一緒になって李敏徳(りびんとく)をいじめようとするが、李未央(りびおう)が割って入って彼らの鼻を明かす。それを見ていた南安(なんあん)王・拓跋余(たくばつよ)は李未央を自分の味方に引き入れようと近づいていく。一方、拓跋濬はオウムに自分の気持ちを託して李未央に贈るが…。

第19話:負けられない勝負

李未央(りびおう)と李常茹(りじょうじょ)は皇后の宴に招かれる。そして、御前で舞を披露する機会を李常茹に譲った李未央は、拓跋濬(たくばつしゅん)と一緒に琴を奏で、これに李敏徳(りびんとく)の笛も加わる。それに大いに満足した皇后は四人に褒美を授け、李常茹は想いを寄せる拓跋余(たくばつよ)からも褒められて胸をときめかせる。しかし、宴に招かれなかった李長楽(りちょうらく)はこれに腹を立てて…。

第20話:正義を求めて

李家では李蕭然(りしょうぜん)が体調を崩し、李敏徳(りびんとく)の母・周雪梅(しゅうせつばい)がはやり病で床に伏せる。そんな時、旅に出た李敏徳(りびんとく)が何者かに襲われ生死不明になったという知らせが届く。すべてが叱雲柔(しつうんじゅう)の陰謀だと悟った周雪梅は息子の身を案じ、正義が行われることを願って李未央(りびおう)に望みを託す。そこで、李未央は叱雲柔と李長楽(りちょうらく)の悪事を証明することに…。

第21話:心の痛み

拓跋濬(たくばつしゅん)と拓跋迪(たくばつてき)が李家を訪問、拓跋迪は病の重い周雪梅(しゅうせつばい)を見舞い、拓跋濬は李未央(りびおう)を優しく励ます。その頃、李敏徳(りびんとく)は柔然(じゅうぜん)の焦(しょう)統領に救われ一命を取り留めていた。そして、彼を王子と呼ぶ焦統領に実父である可汗(かがん)の元に戻るよう説得されるが、胸騒ぎを覚えた彼は急いで李家へ戻る。だが、周雪梅はすでに亡くなった後だった…。

第22話:鉱山の陰謀

李敏徳(りびんとく)は叱雲柔(しつうんじゅう)を殺して母親の仇を討とうとするが失敗。その後、病気のためもう余命が長くない叱雲柔は実家へ戻っていく。その頃、拓跋翰(たくばつかん)はひそかに手に入れた鉱山が銀山とわかり、そこで働いていた君桃(くんとう)の父・明叔(めいしゅく)を含む涼(りょう)の奴隷たちを口封じのため殺そうと考えていた。そんな中、彼らの命が危ないと知った李未央(りびおう)と君桃は…。

第23話:真の敵

拓跋濬(たくばつしゅん)の尽力で涼(りょう)の奴隷たちは処刑されずに解放される。だが突然叱雲南(しつうんなん)が現れて彼らを惨殺、明叔(めいしゅく)だけが逃げおおせる。その後、李未央(りびおう)は明叔から馬(ば)太守が遺した奏状を受け取り、涼を滅ぼす陰謀は叱雲南の謀反であったことを知る。一方その頃、田舎の農場に追放されていた李長楽(りちょうらく)が叱雲南の後ろ盾を得て戻ってくることに…。

第24話:好機と危機

太武帝が催す狩りが行われることになり、皇族のほか李家、叱雲(しつうん)家らが参加、最も獲物を捕らえた者は褒美として太武帝に一つ願い事ができることになる。そんな中、策謀をめぐらす李常茹(りじょうじょ)は李長楽(りちょうらく)の悪評を流し、それを李未央(りびおう)の仕業と思った李長楽は太子妃に彼女の悪口を吹き込む。さらにその頃、叱雲南(しつうんなん)の元に明叔(めいしゅく)が忍び込んで…。

第25話:仕掛けられた罠

李未央(りびおう)はなんとしても狩りで一番になって太武帝に叱雲南(しつうんなん)の謀反を告発したいと考えていた。そんな中、迎えた狩りの最終日。ようやくその時が来たと思いきや拓跋濬(たくばつしゅん)が行方不明に。さらに、何者かに林の中へとおびき出された李未央は深い落とし穴に落ちてしまう。そこで、彼女は毒蛇に咬まれ意識を失った拓跋濬を見つけて…。

第26話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第27話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第28話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第29話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第30話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第31話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第32話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第33話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第34話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第35話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第36話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第37話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第38話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第39話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第40話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第41話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第42話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第43話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第44話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第45話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第46話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第47話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第48話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第49話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第50話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第51話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第52話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第53話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第54話:

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

王女未央-BIOU-を観るならスカパー!今なら加入料0円キャンペーン実施中!
韓国・中国歴史ドラマ特集
チャンネル銀河とは?

「王女未央-BIOU-」©Croton Entertainment All Rights Reserved.

ページの先頭へ戻る