皇后の記 ロイヤルロマンス 世紀の三角関係

©The Great Wall film and television

見どころ

ヒロインと帝位をめぐるホンタイジとドルゴンの兄弟対決

ホンタイジとドルゴンのユアルをめぐる物語は、中国で多くの人に愛され、様々な作品で映像化されてきた。本作では実直で純粋なドルゴンをゴン・ラーが、男らしく野心家のホンタイジをニエ・ユエンが演じている。特に「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」で注目を集めるニエ・ユエン演じるホンタイジは、文武に秀でた名君と称えられながらもロマンチックな一面を持ち、弟・ドルゴンとユアルの関係に心を乱される、というこれまでの作品とは違う人物像となっている。ユアルをめぐって繰り広げられる魅力あふれるイケメン兄弟対決に注目だ。

主演は世界が注目する美人女優ジン・ティエン

主人公のユアルを演じるのは、中国のトップ女優ジン・ティエン。「麗王別姫〜花散る永遠の愛〜」といった中国作品だけでなく、映画「グレートウォール」(2016)「パシフィック・リム:アップライジング」(2018)など数多くのハリウッド話題作にも出演し、“ポスト ファン・ビンビン”とも称される大注目株だ。本作では、ヒロインの初々しい少女時代から皇后となる晩年までを一人で演じ、幅広い演技力を披露。モンゴルの民族衣装から、きらびやかな清王朝の装束まで、様々な衣装を着こなす彼女の美しさも本作の見どころのひとつだ。

『皇后の記』©The Great Wall film and television

ページの先頭へ戻る