山内惠介・市川由紀乃・三山ひろし【三波春夫 追善 新潟記念公演】

山内惠介・市川由紀乃・三山ひろし【三波春夫 追善 新潟記念公演】をスカパー!で観るには

ファイナル公演の完全版をチャンネル銀河で独占放送

三波春夫の追善公演(2018年4月 新潟県民会館)の模様を放送。この公演は今回がファイナルであり、三波春夫の生まれ故郷の新潟での開催は初となる。
歌謡界に数々の金字塔をうちたてた、国民的歌手・三波春夫。いまだに多くの人々を魅了するその歌藝の真骨頂は「長編歌謡浪曲」だ。その一つである「大忠臣蔵」の歌絵巻を山内惠介、市川由紀乃、三山ひろしが豪華に歌い語る。そして三波春夫の楽曲やそれぞれの新曲も熱唱する。さらに舞台裏もリポートし、競演ならではの魅力にあふれたステージをチャンネル銀河独占でお届けする。この公演における三人の競演はこれで見納め。

公演内容

長編歌謡浪曲・・・

浪曲師であった三波春夫が浪曲の良いところを残したいと願い、長い浪曲をコンパクトにまとめて短くし、楽しんで貰おうと確立したジャンル。歌謡浪曲とは伴奏が三味線ではなく洋楽器で、より歌うことを重視した、演芸の浪曲と歌の一ジャンルである歌謡曲の中間的形態。

「大忠臣蔵」・・・

1972年に組曲として発表されたもので、全て三波春夫自身が構成、脚本、作詞、作曲している。「大忠臣蔵」における長編歌謡浪曲には、「あゝ松の廊下」、「赤穂城の内蔵之助」、「山科の別れ 赤穂の妻」、「元禄男の友情 立花左近」、「元禄花の兄弟 赤垣源蔵」、「その夜の上杉綱憲」、「元禄名槍譜 俵星玄蕃」、「元禄桜吹雪 決斗高田の馬場」がある。

公演内容

福岡県糸島市出身。
2001年にシングル「霧情」でデビュー。2014年に発売した「恋の手本」がオリコン9位を獲得し、デビュー13年目で初のトップ10入りを果たした。2015年より3年連続紅白歌合戦に出場中。3月28日に最新シングル「さらせ冬の嵐」をリリース。

埼玉県さいたま市出身。
1993年にシングル「おんなの祭り」でデビュー。2014年に第56回日本レコード大賞作曲家協会選奨受賞。2016年に紅白歌合戦に初出場。2017年の紅白歌合戦は、美空ひばりの「人生一路」を歌唱。1月17日に最新シングル「うたかたの女」をリリース。

高知県南国市出身。
デビュー曲「人恋酒場」で10万枚を突破し、日本レコード協会よりゴールドディスクに認定。2015年より3年連続紅白歌合戦に出場中。 特技は、けん玉(四段※2018年4月現在)。1月10日に最新シングル「いごっそ魂」をリリース。

関連番組はこちら↓

動画

フォトギャラリー

coming soon

スケジュール

関連ニュース&コラム

日本のうた
山内惠介・市川由紀乃・三山ひろし【三波春夫 追善 新潟記念公演】を観るならスカパー!
チャンネル銀河とは?

『山内惠介・市川由紀乃・三山ひろし【三波春夫 追善 新潟記念公演】』

ページの先頭へ戻る