琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~

© HS Entertainment Group Incorporated

人物紹介

蕭平旌(しょう・へいせい)

蕭平旌(しょう・へいせい):リウ・ハオラン

長林王府次子。琅琊閣で修行に励みながら自由な日々を過ごしていたが、甘州城への補給船が転覆したとの知らせを聞き、兄・平章の元へ駆けつける。やんちゃな性格だが、才能に溢れ、武術の腕も立つ。

蕭平章(しょう・へいしょう)

蕭平章(しょう・へいしょう):ホァン・シャオミン

長林王府世子。知勇に優れた武将で、父である長林王・庭生からの信頼も厚い。父に反抗する自由奔放な弟・平旌を優しく見守っている。しかし、ある複雑な事情を抱えており・・・。

林奚(りん・けい)

林奚(りん・けい):チャン・ホイウェン

済風堂老堂主の最も優れた弟子。冷静な性格で、医術だけでなく武術にも長けている。生まれた時より平旌との間にはある特別な約束があった。

蒙浅雪(もう・せんせつ)

蒙浅雪(もう・せんせつ):トン・リーヤー

平章の妻。前禁軍大統領・蒙摯の姪孫で、彼から武術の修練を受けた。快活な性格で、夫の平章とはとても仲が良いが、子供ができないことに長年悩んでいる。

蕭庭生(しょう・ていせい)

蕭庭生(しょう・ていせい):スン・チュン

長林王、平章と平旌の父。武靖皇帝(=靖王)の養子で、師匠であった梅長蘇の薫陶を受けて育った。義兄弟である梁帝からの信頼は厚いが、朝廷内では長林軍を率いる庭生を危険視する者たちも・・・。

荀飛盞(じゅん・ひさん)

荀飛盞(じゅん・ひさん):チャン・ボー

禁軍大統領。荀氏の一族で、内閣首輔・荀白水と皇后の甥。蒙浅雪とともに蒙摯から武術の修練を受けた武術の達人。正義感にあふれる忠臣で、平章とは信頼しあう友。

蕭元啓(しょう・げんけい)

蕭元啓(しょう・げんけい):ウー・ハオチェン

先帝の孫で、父親は梁帝の弟である故・莱陽王。皇族だが、莱陽王が罪を犯したため不遇の身となっている。ある事件をきっかけに野心が目覚めていく。

梁帝(りょうてい)

梁帝(りょうてい):リウ・ジュン

梁の皇帝。武靖皇帝(=靖王)の嫡男。共に武靖皇帝の教えを受けた蕭庭生と彼の率いる長林軍に全幅の信頼を置いている。病弱で喘息持ち。

皇后荀氏(こうごう・じゅんし)

皇后荀氏(こうごう・じゅんし):メイ・ティン

梁の皇后で、荀白水の妹。皇太子である我が子の将来を案じ、長林王府に脅威を感じている。濮陽纓に信頼を寄せる。

荀白水(じゅん・はくすい)

荀白水(じゅん・はくすい):ピー・イェンチュン

内閣首輔。荀皇后の兄で、荀飛盞の伯父。用心深く、心の内が読めない人物。その忠誠心から、長林王府を脅威に感じ排除しようと動く。

濮陽纓(ぼくよう・えい)

濮陽纓(ぼくよう・えい):グオ・ジンフェイ

皇宮に仕える白神教の術師。医術に通じており、皇后が梁帝に登用するよう薦めた。数々の緻密な策略によって、梁を混乱へと導いていく。

琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~を観るならスカパー!
韓国・中国歴史ドラマ特集
チャンネル銀河とは?

『琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~』©2017 China International TV Corporation.All Rights Reserved. 提供:アジア・リパブリック11周年

ページの先頭へ戻る