三国志 Three Kingdoms

見どころ

圧巻の7部構成!新たな視点で楽しめるオリジナルストーリー

全7部95話からなる本作は、小説「三国志演義」をベースに、史実に沿った客観的視点が加えられたオリジナルストーリー。曹操による董卓暗殺未遂から始まり、司馬一族が晋朝を築くまでの約80年間を濃密に描いた「三国志」の魅力のすべてを伝えきる、まさに三国志の決定版。“三顧の礼”や“連環の計”などの有名なエピソードだけでなく、これまでの映像作品では省略されがちだった物語も豊富に含まれている。また劉備が主人公として描かれる作品が多い中で、本作は曹操を主人公として描いている点にも注目。新たな視点で三国志を楽しめる、従来のファンも満足できる作品。

圧倒的な迫力の戦闘シーン

延べ15万人を超えるエキストラを起用した戦闘シーンは圧巻。エキストラの多くは人民解放軍の現役兵士のため、リアリティあふれる肉弾戦が繰り広げられる。さらに、ハリウッド大作を手がけたスタッフがCG技術を駆使し、“赤壁の戦い”“官渡の戦い”などの歴史大戦を驚異の映像で描く映像スペクタクル巨編に仕上がっている。

魅力的な英雄たちが数多く登場

個性豊かな登場人物の多さも本作の魅力。重要な人物だけでも約100人、名前の立っている登場人物は約300人に達し、多彩な人間ドラマを繰り広げる。

三国志 Three Kingdomsを観るならスカパー!
韓国・中国歴史ドラマ特集
チャンネル銀河とは?

「三国志 Three Kingdoms」©中国伝媒大学電視制作中心、北京東方恒和影視文化有限公司

ページの先頭へ戻る