滝沢秀明主演 歴史に翻弄された悲劇の武将

大河ドラマ「義経」

大河ドラマ「義経」をスカパー!で観るには

© NHK

滝沢秀明主演。歴史に翻弄された悲劇の武将・源義経が、平家を滅ぼした後、兄の頼朝に追われ悲運の最期を遂げるまでの生き様を美しくダイナミックに描いた大河ドラマ。「情」を重んじる義経と「理」を重んじる頼朝。親子・兄弟・主従の絆、情愛、そして裏切り…。人との関わり合いの中で葛藤し苦悩する、滝沢秀明版・義経をとくとご覧あれ!

源氏と平家が覇を競う平安時代末期。源氏の棟梁・源義朝の子として産まれた牛若は、義朝敗死の後、敵である平清盛の温情を受け、清盛を父と慕っていた。その後、牛若は鞍馬寺に預けられ、「遮那王」という名を与えられる。たくましく成長し、平家に危険視された遮那王は、五条大橋で倒した武蔵坊弁慶らを従え、奥州藤原氏が君臨する平泉を目指す。旅の途中で元服し、「源九郎義経」と改名。平泉で藤原秀衡の庇護を受ける。やがて、平家に対して諸国の源氏が決起。義経は異母兄の源頼朝が挙兵したことを知り、郎党を率いて頼朝のもとへ馳せ参じる。平家追悼の命を受けた義経は、奇抜な戦法により、一の谷、屋島、壇ノ浦で連戦連勝。ついに平家を滅亡に追い込む。頼朝のために戦った義経だったが、情に生きる義経と理を重んじる頼朝の溝はしだいに深まっていく。頼朝に命を狙われ、追われる身となった義経は、苦難の末、平泉へ辿り着き、「新しき国」を築くため、最後の戦いに挑むのであった。

大河ドラマ「義経」を観るならスカパー!
チャンネル銀河とは?

関連ニュース&コラム

エピソード一覧・放送スケジュール

『大河ドラマ「義経」』© NHK

ページの先頭へ戻る