2ヵ月連続 文学エロス特集

2ヵ月連続 文学エロス特集
番組ラインナップ

文学エロス特集◆映画「愛の流刑地」

かつて恋愛小説の旗手として注目され、今では世間から忘れられた存在である中年作家の村尾菊治(豊川悦司)は、ある朝、情事の果てに入江冬香(寺島しのぶ)を絞殺し逮捕される。事件を担当した女性検事の織部美雪(長谷川京子)は、菊治の漏らす言葉に困惑しながらも真相を追い、疑問を抱えたままやがて裁判の日を迎えるが・・・。

文学エロス特集◆映画「阿寒に果つ」(HDリマスター版)

雪が降りしきる夜の札幌。人影の絶えた街角を一人歩く時任純子(五十嵐じゅん)、18歳。釧北峠、吹雪の向に阿寒湖が見える。巻き起こった雪嵐が視界を閉ざし純子の姿を吹雪の中に消した。純子は14歳の時、絵を浦部雄策画家に師事、16歳にして道展初入賞、全道学生展最優秀賞を受賞し、天才少女画家と騒がれる。そんな純子を、学級委員の田辺俊一(三浦友和)が忠告した事から二人は親しくなり・・・。

文学エロス特集◆映画「失楽園」

出版社の敏腕編集者だった久木(役所広司)は、ある日突然、編集の第一線から閑職の調査室配属を命じられた。そんな彼の前に、彼の友人の務め先で書道の講師をしている凛子(黒木瞳)という美しい人妻が現れる。彼女は“楷書の君”と呼ばれているほど折り目正しく淑やかな女性だったが、久木の強引でひたむきな恋の訴えに、やがて彼を受け入れた。

文学エロス特集◆映画「泪壺」

17歳の夏、渡した壺を持つ手が触れ合い、朋代(小島可奈子)は雄介(いしだ壱成)に恋をする。そんな朋代の気持ちを知らないまま大人になった雄介は、朋代の妹・愁子(佐藤藍子)と結ばれる。しかし、愁子は乳がんに侵され、若くしてこの世を去ってしまう。愛する妻の遺言通り、雄介は愁子の遺骨で美しい壺を作り上げ、いつもそばに置いていた。雄介を支えたい朋代だったが、亡き妹の壺の傷が涙に見え、罪の意識を感じてしまう。

文学エロス特集◆映画「マリッジリング」

ごく普通のOL森谷千波(小橋めぐみ)は、彼氏の佳介(高橋一生)の仕事が忙しく2人で会う時間が急に減ってきたことに少なからず不満を感じていた。そんな折、千波の部署に新しい課長の桑村(保阪尚希)が赴任してきた。妻子のいる桑村から食事に誘われた千波は「食事だけなら」と軽い気持ちで付き合う。しかし、その日から2人の心と心が急速に近づき始め・・・。そしてついに、2人の肌と肌が重なり合うときが訪れる。

文学エロス特集◆失楽園

渡辺淳一のベストセラー小説を、古谷一行と川島なお美の主演でドラマ化。大ヒットした映画の公開2か月後に放送され、最終回は27.3%の高視聴率を獲得した。川島なお美が地上波ドラマの限界に挑戦した大胆な濡れ場は必見。

文学エロス特集◆愛の流刑地

渡辺淳一のベストセラー小説を、岸谷五朗と高岡早紀の主演でドラマ化。過去の栄光から遠ざかり始めた恋愛小説家と、子供を持つ人妻。時遅くして本物の相手に出会ってしまった二人の愛が狂おしく描かれる。

『映画「愛の流刑地」』(C)2007「愛の流刑地」製作委員会 『映画「阿寒に果つ」(HDリマスター版)』(C)1975 東宝 『映画「失楽園」』(C)1997「失楽園」製作委員会 『映画「泪壺」』(C)2007 アートポート/渡辺淳一・講談社 『映画「マリッジリング」』(C)2007 アートポート/渡辺淳一・講談社 『文学エロス特集◆失楽園』(C)渡辺淳一 (C)ytv 『文学エロス特集◆愛の流刑地』(C)NTV

ページの先頭へ戻る