大河ドラマ「元禄繚乱」#48 四家お預け

  • ステレオ
制作年
1999年
制作国
日本
言語
日本語
ジャンル
歴史ドラマ
総話数
全49話
出演者
中村勘九郎(十八代・中村勘三郎)、大竹しのぶ、東山紀之、宮沢りえ、石坂浩二、阿部寛、 吉田栄作、松平健、村上弘明、萩原健一 ほか

番組紹介

華やかな文化が生まれた反面、政治経済が乱れた5代将軍・徳川綱吉の元禄時代。主君・浅野内匠頭の刃傷事件を発端とした大石内蔵助ら赤穂浪士の討ち入りを中心に、百花繚乱の人間模様を描く。

内容

内蔵助は内匠頭の墓前で仇討ちの報告をする。原惣右衛門が「切腹を」と言うのを内蔵助は制して、幕府の処断を見届けるまで死んではならないと説く。そのころ吉田忠左衛門と冨森助右衛門は仙石伯耆守のもとに走っていた。忠左衛門は、吉保が浅野本家と上杉家を潰そうとしていることを伯耆守に告げる。登城した吉保は両家取り潰しの強硬策に出ようとするが、伯耆守が先回りして手を打ち、阻止する。

エピソード一覧・放送スケジュール

今月、来月での放送はございません。しばらくお待ちください。

ページの先頭へ戻る