大河ドラマ「徳川慶喜」#22 母と子

  • ステレオ
制作年
1998年
制作国
日本
言語
日本語
ジャンル
歴史ドラマ
総話数
全49話
出演者
本木雅弘、菅原文太、石田ひかり、大原麗子、堺正章 ほか
スタッフ
原作:司馬遼太郎

番組紹介

主演・本木雅弘。大政奉還を成し遂げ、江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜。たくましく生きる江戸庶民の日常や下級武士の生活を織り交ぜながら、国を背負い、命がけで時代と格闘した若き指導者の苦悩と葛藤の半生を描く。

内容

慶喜は謹慎を解かれるが隠居のままだった。京では、皇女・和宮が有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと)親王との婚約を破棄されて将軍家への降嫁が決まり悲しみに暮れている。和宮の生母・観行院は命を絶ってでも、降嫁の取り消しを図ろうとする。関白・九条尚忠(ひさただ)は和宮降嫁にためらい始めるが、侍従の岩倉具視(ともみ)に説き伏せられる。新門一家では、およしとガンツムの「産みの母」騒ぎが起きる。

ページの先頭へ戻る