2019/03/13

【水森かおり特別公演 記者発表】水森かおりの明治座初座長公演に潜入!


チャンネル銀河の番組にも出演する演歌歌手・水森かおりが初座長を務める、東京・明治座で上演中の『水森かおり特別公演』に潜入した。

第一部の、「東京そば屋 にぃねえちゃん!」では、ドリフターズの加藤茶、仲本工事ら多彩な共演者を迎え、東京オリンピックの開催が決まった昭和30年代後半の下町人形町を舞台に、繰り広げられる心温まる人情喜劇。

第二部「水森かおりコンサートin明治座」では、「鳥取砂丘」「釧路湿原」などご当地ソングの女王・水森かおりを代表するヒット曲から、新曲「高遠 さくら路」までを艶のある歌声で歌い上げた。最後には、事務所の後輩である椎名佐千子、岩佐美咲、はやぶさとともに、今回の明治座公演のために作られた「笑顔の向こうに」を披露。会場は力強い「かおりコール」に包まれ幕を閉じた。



終演後の記者会見で、加藤と仲本との初共演について聞かれた水森は、「ドリフ世代なので、共演が決まった時は嬉しかった。生ヘックションだとか側転だとかお稽古から大興奮でした。」3人で蕎麦作りの修行に励むシーンは、稽古の時点では台本が真っ白で、「監督にドリフらしいシーンをといわれ、アドリブで作っていった。」と加藤。仲本は水森について、「何をやっても嫌味がないし、遠慮もない」と笑いを誘うと、加藤も「かおりちゃんは、コントにものってくれるし、お笑いのセンスがあります。」と太鼓判を押した。
最後に水森も「幅広い世代の方に楽しんでいただける舞台です。ぜひたくさんの方に見ていただきたいです」とPRした。



同公演は、3月18日(月)まで行われる。
https://www.meijiza.co.jp/info/2019/20190309/

また、7月よりチャンネル銀河では、昨年放送し大変好評だった「水森かおりのさがせ!全国うた自慢」の新シリーズを7月より放送することを決定。前シリーズ同様、番組に出演いただける「うた自慢」の方たちを募集する。詳しくは、3月20日に情報公開予定。

ページの先頭へ戻る