2020/09/17

【スカパー!第1・2話無料放送】「鏢門(ひょうもん)Great Protector」 10月9日より日本初放送決定!



チャンネル銀河では、中国トップ俳優ウォレス・フォ主演の武侠アクション大作「鏢門(ひょうもん)Great Protector」を10月9日(月)より、日本初放送することを決定しました。

濡れ衣、裏切り、革命運動の激化……様々な困難に遭いながらも
信念を貫き、悪に立ち向かう運び屋がいた―


清朝末期から民国時代初期にかけての激動の時代。運送と護衛を行う運び屋「鏢局(ひょうきょく)」を舞台に、鏢師(ひょうし)として生き抜いた劉安順(りゅう・あんじゅん)の行く末を描く硬派アクション大作だ。交通の便が悪く、旅には危険が付き物だった中国の清代に、民間に山賊や盗賊から荷物(時には人間)を守りながら目的地まで運ぶことを生業とした鏢師と呼ばれる用心棒兼運送業者がいた。
誰もが一目を置く太谷鏢局の鏢頭・戴海臣(たい・かいしん)の一番弟子として働いていた安順。戴海臣は、安順に後を継がせ、愛娘の戴戎(たい・じゅう)と結婚させるつもりでいたが、ある事件によって濡れ衣を着せられ、鏢局を追われることになってしまう。遠く北京に居を移して広順鏢局を開業した安順だったが、余所者ゆえ同業の仲間には入れてもらえない。そこで、新たな護送路を開拓するため、北京にやってくる盗賊の娘、路瑶婷(ろ・ようてい)の護衛を引き受けることになる。そんな中、革命派による袁世凱(えん・せいがい)暗殺計画に巻き込まれ、瑶婷も拉致されてしまう。様々な苦境に立たされるも、義侠心と仲間の支えによって自ら道を切り拓き、頑なまでに鏢門の、そして江湖の掟を守って戦い続ける安順。クライマックスでは、かつての友でもあり、兄弟弟子との戦いが待ち受けていた。果たして安順に待ち受ける結末とは…。
主演を務めるのは、今や中国時代劇を代表するスターとなったウォレス・フォ。「如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~」の乾隆帝が記憶に新しいが、本作では誠実な人柄と秀でた武術で鏢局の未来を担う主人公に扮している。華麗なるアクションシーンはもちろん、髪を剃った美しい辮髪(べんぱつ)姿は凛々しく多くのファンを惹きつけた。


主演・ウォレス・フォからコメントが到着!



今回演じた大鏢頭の劉安順は、誠実で真面目な人間というだけでなく、人当たりが良くて聡明です。私は彼のように人当たりが良くはないので、憧れもあります。彼の場合は、人から嫌がられるような如才なさではなく、様々な分野の人との付き合い方を知っていて、尊大ぶらないことも心得ています。
自分が信じていることを簡単には曲げず、時代が移り変わり、環境が変化しても、彼は自分のスタンスを変えません。人は彼のようであるべきだと思います。この点は、自分は彼に似ています。私は外的要因で自分のやり方を変えることは、滅多にありません。ずっとシンプルに、いい演技をしたい、毎年成長したいと思っています。


作品情報


「鏢門(ひょうもん)Great Protector」
【特集ページ】https://www.ch-ginga.jp/feature/hyoumon
【放送日時】10月9日(金)スタート!毎週(月-金)午後1:00-2:00
 ※第1・2話スカパー!無料放送
【出演】ウォレス・フォ(劉安順)、ジア・チン(路瑶婷)、リー・ジェン(李希平)、リウ・イーハン(戴戎)、ダン・ハオユー(山猫)、ニー・ダーホン(路宗山)、ワン・チンシャン(戴海臣)、カン・カイ(エルヘ)、ユー・イェンカイ(杜載山)、グオ・シャオフォン(張端和) ほか
【制作】2015年/全38話/字幕



「鏢門(ひょうもん)Great Protector」の第1・2話無料放送を観るには


ページの先頭へ戻る