エカテリーナ

© RUSSIA TELEVISION AND RADIO

人物紹介

エカテリーナ(フレデリーケ)

エカテリーナ(フレデリーケ):マリーナ・アレクサンドロワ

プロイセン(ドイツ)貴族の娘。皇太子の后候補に選ばれ、14歳でロシア宮廷に入る。皇太子フョードロヴィチと結婚後、8年近く経っても懐妊の気配がなかったため、エリザヴェータから差し向けられたサルトゥイコフと関係を持ち、男児パーヴェルを出産。しかし、子どもはエリザヴェータに奪われ、サルトゥイコフは左遷に。その不満の捌け口として次々と愛人を作るが…。

エリザヴェータ

エリザヴェータ:ユリア・アウグ

初代ロシア皇帝・ピョートル1世の娘。クーデターで甥っ子のイヴァン6世から皇位を剥奪して即位した。未婚で子どもがいなかったため、甥のフョードロヴィチを次期皇位継承者とし、エカテリーナと結婚させるが、二人の間に性的関係がないと知り、愛人をつくってまでも子どもを生めと暗示する。

フョードロヴィチ

フョードロヴィチ:アレクサンドル・ヤツェンコ

エリザヴェータの甥で、エカテリーナの夫。のちのピョートル3世。ドイツ人の血をひくことを誇りとし、プロイセン王フリードリヒ2世を崇拝するため、ロシア人らしく生きようとするエカテリーナとは反りが合わない。エリザヴェータの死後、皇位を継承するが、軍隊やロシア正教会を否定するような施策を行い、批判を浴びる。

セルゲイ・サルトゥイコフ

セルゲイ・サルトゥイコフ:リナール・ムカメトモフ

プロイセンからロシアの宮殿に向かう道中、転倒した馬車からエカテリーナを救出する。名うての漁色家。世継ぎを望むエリザヴェータの意を受け、エカテリーナが選んだ最初の愛人となる。パーヴェル・ペトロヴィチ大公(後のパーヴェル1世)の父親であるが、出産後すぐにハンブルク駐在のロシア大使として左遷されてしまう。

エカテリーナを観るならスカパー!
チャンネル銀河とは?

『エカテリーナ』© RUSSIA TELEVISION AND RADIO

ページの先頭へ戻る