エカテリーナ

© RUSSIA TELEVISION AND RADIO

あらすじ

  • Season 1
  • Season 2
  • Season 3

第1話:野望の旅へ

18世紀、ロシアの女帝エリザヴェータは、後継者の甥フョードロヴィチの妃選びに苦慮していた。甥に愛想をつかした女帝は、彼ではなく、その子どもを後継者に、と考えていた。妃候補のひとりは、プロイセン貴族の娘フレデリーケ。母のヨハンナとともに急ぎロシアへ向かう。そこが列強各国の思惑うずまく魔の宮廷とは知らず。機知と愛らしさで、女帝の心をつかむフレデリーケ。そのことから、彼女はいのちを狙われることになる。

第2話:毒殺の宮廷

幼い前皇帝イヴァン6世を幽閉し、権力を奪った女帝。彼の家族は、最北の修道院に監禁されていた。罪の意識からエリザヴェータは、そこを訪れることにする。同じころ突然、フレデリーケが重篤に陥る。彼女が妃に就くことに反対のフランスが、侍医レストックを使って毒殺を謀った。侍医は情人の侍女にもちかけ、砂糖漬けオレンジに毒薬を盛った。真相を知った女帝が、レストックの財産剥奪と拷問を厳命する。

第3話:密偵となった母

回復したフレデリーケに、女帝は新しいロシア名を与える。エカテリーナ。正式に、フョードロヴィチの婚約者と決まったのだ。夫となる男は、露骨に彼女を避け、決定に不服な態度を隠そうとしないが。そのさなか、母ヨハンナのスパイ行為が露見する。女帝のしかけた情欲の罠にはまり、プロイセンへの密書を押収された。激怒した女帝は、彼女を国外追放の処分に。エカテリーナへも、疑惑の目がそそがれる。

第4話:偽りの初夜

結婚したものの、夫フョードロヴィチは、エカテリーナとベッドを共にしない。子どもができれば、その子は女帝に取り上げられ、自らは用済みになって、修道院に幽閉されると恐れている。あぶなかしいネズミの実験で、フョードロヴィチが天然痘に罹患する。辛うじて回復するものの、顔に醜い痘痕が残った。劣等感から夫婦の仲は、いっそう遠のく。忍耐のきれた女帝が、愛人をつくってでも妊娠せよ、とエカテリーナに暗示する。

第5話:最初の愛人

女帝主催の仮装舞踏会。エカテリーナはサルトゥイコフ伯爵と踊り、女帝の暗示を実行に移す。包茎手術を終えた夫とは依然、接触のないまま。病を得て、後継者選びを急ぐエリザヴェータは、念押しのように、幽閉中のイヴァンから乳母を離し、より厳重な要塞へ移した。年の明けた雪の日、エカテリーナは伯爵に処女をささげる。快楽を知った彼女の寝室に意外にもフョードロヴィチが。やがてエカテリーナは、男の子を出産する。

第6話:女帝の陰謀

プロイセンがドイツ統一に動き、俄かに国際関係が緊張する。皇太子パーヴェル受洗の日がきて、犬猿の仲のフョードロヴィチとエカテリーナがそれぞれ、我が子とつかの間の邂逅を許された。直後、女帝は愛人ラズモフスキーと教会へ赴き、ひそかに結婚する。遺言に次期皇帝に、と書く意を告げられ、驚愕し、固辞するラズモフスキー。女帝はパーヴェルの皇位継承権を発表したあと、プロイセン大使を呼び、正式に宣戦布告の詔を渡す。

第7話:愛と忠誠の将校

逢瀬を求めて、強引にエカテリーナの部屋に入り込んだポーランド皇太子。彼女はそれを受け入れ、たちまち激しい喜びに沈む。懸念した女帝は、フョードロヴィチに近衛連隊服務を与えると、妻を同行するよう命じる。エカテリーナはそこで、有能な将校グリゴリーと宿命の出会いをはたし、不当な逮捕から彼を救う。一方、プロイセンが、イヴァン6世の釈放を要求してくるが、直後に女帝は激痛に襲われ、床につく。

第8話:陰謀うずまく伏魔殿

女帝の死期が近いとわかり、宮廷は大混乱に陥った。プロイセンと戦闘中のロシアは、連勝を重ねて首都へ迫っている。しかし、すでに皇帝気取りのフョードロヴィチは、プロイセン大王への敬愛を公言、和睦し、兵を戻すとわめく。この動きを憂い、宰相と元師がクーデターを図るが失敗する。組しなかったエカテリーナは、前線から帰隊したグリゴリーと狂気のように愛し合う。一方、フョードロヴィチもまた、侍女リザに魅かれていた。

第9話:女帝崩御

女帝がついに、崩御した。皇位に就き、ピョートル3世となったフョードロヴィチは、多数の戦死者をだして制圧したベルリンから、軍隊の帰還を命じる。理不尽なプロイセンとの停戦に近衛連隊を中心に兵士から、公然たる批判がわきあがり国民の間にも不満と不安が広がる。一方、エカテリーナは、ひそかにグリゴリーとの息子アレクセイを出産した。ピョートルは一方的に、エカテリーナとの離婚を申したて彼女の逮捕を命じる・・・。

第10話:逆転の暗殺

逮捕寸前のエカテリーナを救ったのは、グリゴリーとその弟たちであった。近衛連隊の将校たちが、エカテリーナへの忠誠を誓い、ピョートル3世廃位のために決起する。リザとともに残った宮殿にグリゴリー兄弟が馬で乗り入れ、強引にリザを切り離され、ひとり愛用のヴァイオリンを演奏するピョートル。兄弟のひとりアレクセイが、背後からピョートルの首に縄をかける。エカテリーナ女帝、誕生の瞬間であった。

第1話:宿敵オスマン

新女帝の治世にとって、オスマントルコとの対立はいっそう深刻だった。国境南部の鎮圧に出動したグリゴリーは、瀕死の重傷を負うが、愛するエカテリーナのもとに使者・ポチョムキン少尉を派遣した。その宮廷では、新たな廷臣たちが暗躍している。なかでも狡猾なパーニン伯爵は、皇太子パーヴェルを皇帝に、と策謀していた。オスマンでは、天然痘が猛威をふるっている。スルタンがエカテリーナを標的に、病原菌を使った一計を企む。

第2話:愛人の帰還

かつて愛人であったポーランド王が、エカテリーナを訪れる。甘い言葉で誘うが、対オスマン戦でポーランドの戦いに不満な彼女は、ぴしゃりと拒絶する。おりしもグリゴリーが、賑やかなロマの一団を連れて帰国した。身を焦がして待った女帝と、人前もはばからず抱擁する。次期皇帝気取りの彼に、強い危機感を覚えるパーニン。やがてグリゴリーが、戦傷の後遺症に悩み始める。寝室で、女帝の欲望にこたえられないのだ。

第3話:不吉な前兆

母ヨハンナの愛人であったベツコイが、追放先のパリから帰国。エカテリーナは、母が彼に見取られて亡くなったと知る。負傷の身で到着したポチョムキンは、女帝の特別な介護で、奇跡の回復をはたす。手離したくない女帝は、彼の任務を変えて軍服担当へ。暗躍するパーニンが、グリゴリーの皇帝就任阻止のためにポーランド王と密談。知らぬグリゴリーは、精力回復の秘薬を求めて、焦慮していた・・・。

第4話:死の献上品

オスマンの大使が着き、女帝に献上品を差しだす。豪華なエメラルドの小箱。血統を誇る駿馬。が、オスマンの侵犯に抗議するエカテリーナは受領を拒否し、貪欲なパーニンが小箱を横領する。中には、女帝を狙う強力な病原菌が仕こまれていると知る由もない。彼はそれを、アンナへのプレゼントにする。一方、贈りものの駿馬に心を奪われていたグリゴリーの弟アレクセイは、ロマを買収して夜陰に乗じて盗みだす。

第5話:女帝 試練の時

ポチョムキン少尉の女帝への思いが、熱く燃えあがる。微妙な変化に気づくグリゴリーが、少尉にとげとげしくなる。エメラルドの小箱を開けたアンナは、天然痘に感染して死亡。このことからパーニンとアンドレヴィチが決闘、パーニンは恋敵を射殺した。女帝の命令で、同居をはじめた皇子ふたり。兄のパーヴェルは、噂と異なる弟アレクセイを発見する。兄弟は手を組み、母エカテリーナへの面従腹背を誓う。

第6話:後継者選び

エカテリーナへの献上品が拒否されたと知り、スルタンの怒りが爆発する。ロシア大使を監禁、随行者はことごとく虐殺された。ロシアへの事実上の宣戦布告であった。対するロシアでは、国内に問題が山積みしていた。天然痘の災厄は、エカテリーナの種痘実践で回避したものの、不作がつづき、皇帝僭称者も出没していた。後継者問題がしきりに、女帝の胸中を去来する。病弱なパーヴェルに、はたして生殖能力があるのか。

第7話:専制君主への道

パーヴェルを同道した女帝が、最北の幽閉地でイヴァン6世の家族と会う。老いた父アントン公だけを釈放するという提案は、子どもたちも一緒でなければ、と拒まれる。悲惨な状況に動揺するパーヴェル。ソフィアが打ちひしがれた彼を虜にする。帰途、女帝は故サルトゥイコフの妻ダリアの農地を視察。暴力と圧政、不正に苦しむ農奴の実態を知り愕然とする。改革にむけてエカテリーナが、決然と専制政治へ踏みだす。

第8話:情事の行方

エカテリーナが、グリゴリーの秘密を知った。性的不能の治療で、生殖能力を失ったことを。熱望していた結婚計画を放棄、女帝の気持ちは大きくポチョムキンへ傾く。ソフィアとの情事で、疲れを知らぬ皇太子パーヴェル。彼女がついに懐妊する。皇太子の能力に満足する女帝は、パーヴェルを皇位継承者第一位に決める。ソフィアの任務は終わり、女帝はパーヴェルと別れて妊娠した子どもは始末せよ、と命じる。

第9話:失脚する愛人

女帝とポチョムキンの愛の手紙が、パーニンのスパイ網にひっかかる。それを知り焦ったグリゴリーは弟とともに、ポチョムキンをリンチし、重傷を負わせた。グリゴリーへの冷えた女帝の気持ちが、彼との息子アレクセイの運命をも左右する。彼はイギリスへと追いやられる。王位の継承に、禍根を残さないために。胎児を処置できぬソフィアに、女帝が怒りをぶつける。パーヴェルは、女帝の命令に従うソフィアに別れないで、と懇願する。

第10話:スルタン 死す

前皇帝生存の偽情報を否定するために、再埋葬の儀式が検討され、中止となる。激昂した皇太子が、エカテリーナへ拳銃を向ける。開戦したオスマンとの海戦でも、緒戦で大打撃を受ける。公私で女帝は、追いつめられていた。このとき、総指揮を取るアレクセイ・オルロフとその幕僚が、起死回生の奇襲作戦で、世界一のオスマン海軍を壊滅させる。一気に、祝勝ムードのロシア。女帝が本腰を入れて、パーヴェルの花嫁選びに取りかかる。

第11話:花嫁の背信

皇太子の婚約者が決まる。エカテリーナは、プロシア貴族の三姉妹から活発で明るく、物おじしない年長の娘を選んだ。彼女がセックスにも破天荒に奔放で、送迎役を務めた皇太子の友人アンドレイとも、すでに通じているとは知らず。皇太子妃になり、ナタリアに改名してからも、その乱脈はつづく。アンドレイもまた、ナタリアの乳母にまで手をつける。妻と友人とふたつの裏切りに直面し、パーヴェルが女帝への恨みを募らせる。

第12話:愛と祈りと

ナタリアが出産のトラブルで死ぬと、ただちに二番目の皇太子妃が賢く意志の強いマリアに決まる。心を閉ざすパーヴェルも、その聡明さに魅かれていく。やがてマリアが男子を出産。帝王教育を、と嬰児を連れさるが、自らの苦痛を思い出して両親のもとへ。エカテリーナの心に、神への畏れが広がっていた。教会へ許しを乞い、イヴァン6世の弟妹を解放する。直後、ポチョムキンと並び、ひっそりと結婚の祝福を受ける女帝の姿があった。

第1話:孤立する王座

女帝エカテリーナは、山積みする問題をかかえていた。ピョートル3世を僭称するプガチョフの反乱。前女帝の皇女と称するタラカーノヴァの出現。反撃の隙を狙うトルコの動静も不気味だ。女帝はさらに、後継者パーヴェルが自分を嫌い、妻ナタリアとの間に子を成さぬことにもいらだっていた。
トルコの首都で遂に、ロシア正教総主教庁を異教徒が襲撃、聖職者たちを虐殺した。愛人ポチョムキン以外、誰も信じられぬ女帝に試練のときが訪れた。

第2話:偽皇女動く

エカテリーナはあくまで、トルコとの対決を主張する。ポチョムキンの進言さえ斥けて。急迫する戦況を懸念し前線に戻りたい彼を、女帝は離そうとしない。彼女はポチョムキンの子を産みたい、と切望していた。
皇女を僭称するタラカーノヴァが、ポーランドの愛国者とフランスの支持を得る。真実ならロマノフ朝を継ぐ者。放置はできない。女帝は、遠ざけていた軍人アレクセイに会う。彼こそは女帝の権力奪取に手をかした、オルロフ兄弟の弟であった。

第3話:皇太子妃の反抗

エカテリーナの忠実な侍女だったソフィアは、かつて女帝の命で皇太子パ―ヴェルのセックス指南を務めた。挙句に男子を出産。後継者問題の火種になりかねないと女帝は、その子を取りあげ、ソフィアを追放した。事実を知ったナタリアが同情し、女帝に隠れソフィアに接触する。
前女帝の隠し子有無を調べあげよ、と厳命する女帝。ポチョムキンの出発を拒めぬと悟ると、自らも帝国南部の視察を決意した。

第4話:母子再会

後継者問題では妥協のない女帝。宰相パーニンが、国外へ追われた皇太子アレクセイの帰国を進言するも、言下に却下した。皇太子妃ナタリアは、夫パーヴェルの隠し子シメオンとその母ソフィアの面会許可を願いでるが、素っ気なく拒絶する。
皇太子夫妻は、極秘に計画を実行に移す。エカテリーナの眼を盗むと、行事にかこつけてソフィアの渇望を叶えたのだ。「私は誰?」と問う彼女に、シメオンは「ママ」と答える。

第5話:邪恋と決闘

女帝は南部への視察旅行に、皇太子夫妻を滞同しないと決める。ナタリアの失言から、王座への野心をかぎとったのだ。パーニンは皇太子に、女帝不在中の権力奪取を促す。
ナタリアの身辺があわただしい。愛人アンドレイが、エラーギン伯の息女ヴィオラに恋慕していると知って激怒する。ヴィオラには婚約者アナトーリーがあり、彼はアンドレイの友人である。ナタリアの策謀でことが露見、ふたりは決闘する羽目になる。

第6話:女帝反転

宰相パーニンは左遷中の実弟をモスクワから呼び、パーヴェルに会わせる。武装蜂起が始まろうとしていた。秘密警察長官の急報を受け、エカテリーナは旅行を中断、首都へ反転した。これが功を奏し、蜂起は不発に終わった。ただし、女帝は、反転に反対したポチョムキンと、苦い訣別を味わねばならない。
父親の工作も空しく、決闘に臨んだアンドレイ。詫びを受け入れぬアナトーリーと、拳銃を撃ちあう。倒れたのは・・・・・。

第7話:亡霊を断て

前女帝エリザヴェータの隠し子と称するタラカーノヴァが、ベニスに留まっている。フランスは依然、彼女の利用価値に着目していた。翳りをみせたとはいえ、ピョートル3世を僭称するプガチョフの反乱も収まっていない。
エカテリーナはこれらを、前女帝の負の遺産だと認めた。断罪することなしに、前女帝を乗りこえることはできない。一策をもって彼女は、元の愛人グレゴリーを誘う。狂った彼が目的でなく、復務を熱望する弟アレクセイが狙いであった。

第8話:危険な遊戯

皇太子妃ナタリアは、アンドレイとの情事復活に成功した。夫の皇太子はそのアンドレイを引き連れ、先帝だと名のる反乱者の肖像画を求め胡散くさい場末へ。反乱者一味がたむろする巣窟で、あやうく命を落としそうになる。
偽皇女タラカーノヴァを操作するフランスが、いよいよロシア崩しに動く。ルイ16世の謀臣ルフェーヴルが、皇女の手紙を持ってエカテリーナへ謁見、厚顔にも、ロマノフ朝の正式の後継者が見つかったと言い放った。

第9話:苛烈!秘密警察

ナタリアの愛人アンドレイは、密会をすっぽかされた腹いせに、彼女の侍女を慰めものにする。それを知ったナタリアは理不尽にも、彼女をめった打ちにして重傷を負わせた。秘密警察は侍女を監禁、皇太子妃の情事いっさいを吐かせたうえ、拷問死させた。女帝がアンドレイ逮捕を命じる。
秘密警察は先走り、偽皇女へ刺客を送って失敗していた。野蛮な手段を叱った女帝は、アレクセイを誘って夢中にさせる。ある深謀のため、忠実な臣が必要であった。

第10話:偽皇女への罠

トルコとの戦争は長びき、プガチョフの反乱も鎮圧できぬまま、ロシアが綻びをみせている。フランスをはじめ各国が、それに乗じようとうかがっている。いまや皇女を僭称するタラカーノヴァ問題の解決は、エカテリーナにとって焦眉の急であった。
折もおり、皇太子妃の愛人アンドレイが逮捕された。女帝は彼に、ナポリで庇護されている皇女に接近し、たぶらかしてロシアへ連行せよと命じる。成功すれば、重罪を免除すると約して。

第11話:愛憎の人

プガチョフの反乱軍が、カザンを陥した。捕らえられたロシア軍将校や市民たちは、次々に処刑されていく。同時に農奴解放を宣伝して、逃走農民を集め、自軍強化を計った。
帰還したポチョムキンに女帝は冷たい。反乱軍鎮圧に弟の将軍を重用したいパーニンの意図が苦々しい。腹いせにポチョムキンの正論を斥けてみるものの・・・・。
タラカーノヴァの美貌に惹かれたナポリ王が、保護を餌にセックスの欲望を隠そうとしない。

第12話:欲望入り乱れる

処刑したロシア軍将校の夫人を手ごめにし、自らの愛人に仕立てたプガチョフ。反乱軍の中で、ようやく、不満が顕在化する。パーニン宰相の弟ピョートルが、反乱軍鎮圧の司令官に就任した。女帝とポチョムキンの筋書きとは知らず。
ナポリではアンドレイが、王と王妃の主催する「欲望の夜」仮面パーティへ入りこむものの、偽皇女への接近は見事に失敗。頭をかかえる彼のそばで、起死回生の策をめぐらしたのは、女帝がアンドレイ監視役につけたアレクセイであった。

第13話:演技のはてに

アレクセイの策略が的中した。前帝を弑逆した実行犯だとの噂に、タラカーノヴァが食いついてくる。舞踏会を利用して彼女をベットへ誘うはずだったナポリ王が、邪魔だてをしたアレクセイに激怒、ひそかに殺せと密命した。
プガチョフの留守を狙って、部下たちが愛人を吊るし首にした。毒殺を謀ったと言いがかりをつけて。プガチョフは首謀者フェドウルに、殴打を加えつづける。反乱軍の仲間割れが決定的になった。

第14話:命運尽きる

ナポリ王の刺客を退けたものの負傷したアレクセイが、重態から回復した。動転していたタラカーノヴァは、彼を愛していると自覚し、運命を彼に託すことにする。アレクセイを危険な人物だと忠告するポーランド愛国者が、彼女から去っていく。
反乱軍のフェドウルは他の幹部と組み、プガチョフを裏切った。すでに敵軍から、買収のくさびが打ちこまれていた。一気にプガチョフを捕縛すると、彼をロシア軍へ突きだす。

第15話:花嫁衣裳哀し

偽皇女のロシア連行が使命だったはずなのに、アレクセイはタラカ―ノヴァと相思相愛の関係に陥った。苦慮した彼は、自らの艦で結婚式を挙行、夫婦となる。たった一夜だけの新婚生活と知りつつ。
獄舎に繋がれたプガチョフのもとに、女帝が出向く。民のために決起したと言い張る僭称者に、エカテリーナは数々の残虐行為を示し、それらがまことに民のためかと反論する。同席のパーヴェルが、反乱の恐ろしさを身をもって知る。

第16話:(最終回)戦いすんで

投獄されたタラカーノヴァは、アレクセイとの子を身ごもっていた。すべてを自白し、皇女僭称を認めれば解放するー。女帝の慈悲を拒み、出産を終えると力尽きて息絶えた。
老練な政治家パーニン。我が子のように愛した皇太子アレクセイから、もう近づくなと絶縁され、老いと孤独に沈む。
エカテリーナもまた、さむざむとして充たされない。トルコに勝利し、ふたつの僭称者事件を解決しながら。代償のように、ポチョムキンと別れねばならなかったことを悔いている。

エカテリーナを観るならスカパー!
チャンネル銀河とは?

『エカテリーナ』Season 3 © Cosmos studio LLC , 2019, VGTRK, 2019
『エカテリーナ』Season 1-2 © RUSSIA TELEVISION AND RADIO

ページの先頭へ戻る