「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4

(C)Telewizja Polska S.A.

人物紹介

スレイマン

オスマン帝国第10代皇帝。オスマン帝国史上、圧倒的な権力者として最盛期を築き「壮麗帝(王)(The Magnificent)」と称される。ヒュッレムを寵愛したことは、歴史的にもよく知られている。

ヒュッレム

オスマン帝国のハレムに奴隷として献上されるが、その美しさと魅力でスレイマンの寵妃になると、正式な婚姻関係を結び、ハレムの頂点に上りつめる。自身の子のいずれかを後継者とすべく、数々の権謀術数をはりめぐらせる。

ミフリマーフ

スレイマンとヒュッレムの間に生まれた皇女。スレイマンが溺愛する最愛のひとり娘。リュステムと結婚するも、次第に関係は険悪に……。シーズン4では、スレイマンにも強い影響力を発揮し、皇子たちの後継者争いに介入していく。

マヒデブラン

スレイマン皇帝妃。ムスタファの母。スレイマンの寵愛がヒュッレムに移ってしまったことで、彼女に対して激しく嫉妬、敵視する。シーズン3では、ムスタファを後継者とするために、ヒュッレムの子である皇子メフメトを暗殺する。

ファトマ

スレイマンの妹。イブラヒムとハティジェの娘フーリジハンを連れて後宮に現れる。ヒュッレムの子バヤジトにフーリジハンを近づけ、ヒュッレムを挑発する。数々の陰謀を企て、ヒュッレムと敵対する。

ムスタファ

スレイマンとマヒデブランの間に生まれたただ一人の皇子。優秀で人望があるも、ヒュッレムの様々な陰謀によって風下に置かれる。スレイマンの後継者の座をめぐり、シーズン4ではさらに困難な状況に追い込まれる。

セリム

スレイマンとヒュッレムの間に生まれた二人目の皇子。弓矢、勉強が苦手で、弟たちと比較されることに危機感を持ち、幼い頃からバヤジトに嫌がらせをする。メフメトの死後、皇帝の座をめぐって、バヤジトとの対立が激化する。

バヤジト

スレイマンとヒュッレムの間に生まれた三人目の皇子。メフメトにかわいがられ、すぐ年上のセリムとは喧嘩ばかりしていた。メフメトの死後、セリムと後継者争いをする。イブラヒムとハティジェの娘フーリジハンと恋に落ちる。

ジハンギル

スレイマンとヒュッレムの間に生まれた四人目の皇子。幼少時から体が弱く、背骨に障害を負っている。病気のため初めから玉座につくことは諦めていた。繊細で傷つきやすい性格。ムスタファを慕っている。

リュステム

宮殿の主馬頭だったが、大宰相イブラヒムを敵視し、ヒュッレムの手足となって動くようになる。やがてヒュッレムの娘ミフリマーフと結婚。シーズン4では大宰相の地位にまで上り詰める。

ヌールバーヌー

海賊に連れ去られて後宮入りしたベネチアの貴族。ヒュッレムに気に入られ、マニサに赴任するセリムの側女となる。初めは、セリムに全く相手にされずも、次第に皇子の心を射止めることに成功する。

フーリジハン

イブラヒムとハティジェの娘。両親亡き後、スレイマンの妹ファトマに連れられて帝都へとやってくる。両親を死に追いやったヒュッレムの子バヤジトと恋に落ちるも……。

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン大帝をめぐる女たちの宮廷闘争劇 宮廷歴史ドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン2 宮廷歴史ドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン3

『「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」シーズン4』©Tims Productions

ページの先頭へ戻る